ラシックス,利尿剤,むくみ
MENU

利尿剤でむくみをとってダイエットに挑戦するならラシックス

ラシックス錠(利尿剤)とは、強力な利尿作用があるお薬になります。

 

ここ最近では、芸能人やモデルなどからダイエットの効果としても注目を浴びているお薬ともいわれています。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

この利尿剤(ラシックス)の有効成分「フロセミド」は、服用すると腎臓に作用して、尿の量を増加を促してくれます。この薬効効果により、体内にある余分な水分とナトリウムなどを排泄させる作用のある医薬品になります。

 

また、むくみが取り除かれ、血圧も低下させる効果があります。さらに、心臓の負担なども軽減してくれますので、疲れや身体を楽にしてくれる作用があります。有効成分の「フロセミド」が「むくみ」などを取る効果とされ、これを利用したダイエット法が話題にもなっています。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

有効成分「フロセラミド」が強力な利尿作用を発揮します

この利尿剤(ラシックス)は、非常に強いとされる利尿剤になり、腎臓に働きかけて尿量を増加させて、体内に溜まった水分を排尿によって取り除きます。

 

この様に非常に利尿作用が高く、「浮腫」「むくみ」に有効な利尿剤(ラシックス)になりますが、この利尿剤(ラシックス)のどの成分が効果を発揮し、これだけの利尿効果をだしているのでしょうか?

 

この利尿剤(ラシックス)は厚生省の認可を得た医薬品になります。有効成分は「フロセミド」という成分になり、このフロセミドは腎臓に作用してむくみの原因になる水分を体の外に排出する効果があります。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

さらに、別の効果としてむくみが取れますので、心臓への負担も軽減して、体がとても楽になります。この様にに高い利尿作用を持つ「フロセミド」は、その即効性と強力な利尿作用が起こるため、時に副作用もひどく起こるデメリットなどもあります。

 

また服用後に、尿量や回数が非常に多くなりますので、外出時や勤務中などにはその使用の注意が必要になります。

 

また、利尿することによって血圧低下をしますので、めまい、ふらつき、が起こりますので、高所の作業などにはその使用をしないようにして下さい。

 

むくみ取りダイエットにも効果あり

>>利尿剤のラシックスはこちら<<

利尿剤(ラシックス)は市販で買える?通販のみ?

市販で購入できるの?通販や個人輸入でも購入可能なの?という点についてですが。

 

「利尿剤(ラシックス)」を購入する際は、専門の病院やクリニックでの処方か、インターネットで個人輸入をする、または個人輸入代行業者などから購入する方法があります。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

この利尿剤(ラシックス)は、ドラッグストアなどで売られている市販薬ではありません。基本的には一般向けのドラッグストアや薬局での販売しておりません。

 

過去では、薬局でも購入可能でしたが、法律の改定により現在は店頭販売は禁止になりました。利尿剤(ラシックス)は本来、月経前緊張症、高血圧、心不全などの治療に使われるお薬です。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

病院やクリニックで処方してもらう際は、むくみ解消の目的であったり、ダイエットの目的などでは、処方してもらえない可能性があります。

 

また、インターネットで購入する際、多くの偽物品がありますので、安価な値段な粗悪品などには細心の注意が必要になります。また、高額であったとしても、ちゃんと正規品を販売しているサイトから購入するように心がけましょう。

 

むくみ取りダイエットにも効果あり

>>利尿剤のラシックスはこちら<<

利尿剤(ラシックス)の効果・効能

血圧を下げる効果

血圧を下げる効果がありますので、むくみや高血圧症を改善するのに期待できます。また、心不全などの治療にも利用されていることがあります。

 

このように、稀に血圧が低下をしますので、めまいなどを起こす場合があります。注意点としては、車の運転時や、危険をともなう作業時の際はその使用をしないで下さい。

 

また、副作用して、めまい、立ちくらみなどが、出やすくなる可能性があります。服用中のアルコールの飲酒はとても危険になりますので、必ず控えるようにして下さい。

利尿作用

利尿剤(ラシックス)には「利尿作用」がありますので、尿量やトイレの回数が通常よりも増加しますので、その使用には注意をしましょう。

 

また、外出時や長時間の移動などが控えている場合は特に気をつけましょう。車の運転や電車移動など、トイレに行きづらい時間帯は避けるようにして下さい。

 

特に飲み初めの1週間から2週間は、服用後の数十分から約3時間後までに尿が多く出るとされていますので、これを念頭においておいたほうが良いです。

 

また、就寝前に服用すると、夜中に尿意で目が覚めたりと、睡眠障害の原因となりますので、なるべく昼間に服用することをお勧めいたします。

身体のむくみをとる

利尿剤(ラシックス)は利尿作用の他に、むくみを取る効果から、最近ではダイエットとして、利用される方が多くいます。

 

利尿剤(ラシックス)は尿の量を増やす作用がありすので、体内にある余分な水分を排出し、むくみを解消する効果が期待されます。

 

身体のむくみが取れると、見た目がシャープに見える上、体内にある余分な水分が減れば体重も減ります。

 

このように、痩せる効果があるとされ、ダイエットとして利尿剤(ラシックス)を利用している方もいらっしゃいます。

 

しかし、利尿剤(ラシックス)は摂取し過ぎると、カリウムなどが不足しがちになりますので、使用する際は野菜や果物を多めに摂取するように心がけておくと良いです。

 

また、服用期間中は、カリウム、ナトリウム、尿酸値などを計測するため、血液検査を定期的に受けておくことをお勧めします。

 

むくみ取りダイエットにも効果あり

>>利尿剤のラシックスはこちら<<

利尿剤(ラシックス)ダイエットとは?

むくみをとって代謝を上げる

利尿剤(ラシックス)には、むくみを取って新陳代謝を上げる効果がありますので、このことからダイエットにもいいと評判があります。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

むくみは、身体にある余分な水分や老廃物を蓄積している状態になりますので、血液やリンパなどの流れを悪くしてしまいます。そのため、新陳代謝が悪くなり「冷え」などを引き起こしてしまいます。

 

そこで、利尿作用がある利尿剤(ラシックス)を服用すれば、そのむくみを取り除くことにより、身体全体の代謝が向上にますので、ダイエットに効果的だといわれています。

 

利尿剤(ラシックス)ダイエットに成功した人の口コミ

利尿剤(ラシックス)を服用して、ダイエットに成功した方々の口コミをご紹介します。利尿剤(ラシックス)ダイエットを始めて「飲み始めてから1週間で-2kgも痩せた」という方がいらっしゃいました。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

しかし、ここで注意をしてほしいのが、「利尿剤(ラシックス)は、あくまでも「利尿剤」であり、脂肪燃焼効果はない」ということになります。

 

このお薬は、体内にある余分な水分を取り除き、むくみを取る作用があるというお薬なので、普段より見た目がスッキリする事や、水分の重さは体重から少なくなる効果はあるようです。

 

また、根本的なダイエットにはなりませんが、小顔効果、脚痩せといった部分痩せをしたいといった方には、効果的なお薬だと思います。

 

利尿剤(ラシックス)ダイエットによる副作用がでる可能性もむくみを取り除く目的や、ダイエット目的で利尿剤(ラシックス)を過剰に服用すると、副作用がでる可能性も高くなります。

 

副作用としては、口渇、倦怠感といった副作用を引き起こす恐れがあります。また、頭痛、吐き気、食欲不振、下痢などの症状がみられる場合もございます。

 

これらの症状が出るようでしたら、直ちにダイエットは中止して下さい。また服用を止めても症状が治まらない場合は、必ず病院で受診するようにして下さい。

 

むくみ取りダイエットにも効果あり

>>利尿剤のラシックスはこちら<<

利尿剤(ラシックス)の服用時に注意する事

高年齢者の服用について

高齢者には、以下の点に注意をして、少量から服用を開始するなどその状態を観察しながら慎重に服用してください。

 

ラシックス,利尿剤,むくみ

 

①高齢者の方では急激な利尿作用は血漿量(けっしょうりょう)の減少をきたし、脱水、低血圧等による立ちくらみ、めまい、失神等を起こす恐れがあります

 

②特に心疾患等で浮腫のある高齢者の方では急激な利尿作用は急速な血漿量の減少と血液濃縮をきたし、脳梗塞等の血栓塞栓症を誘発する恐れがあります。

 

③高齢者の方では一般に過度の降圧は好ましくないとされ、脳梗塞等が起こる恐れがあります。

 

④高齢者の方では低ナトリウム血症、低カリウム血症が現れやすいとされています。

 

妊婦、産婦、授乳中の方の服用について

ラシックス,利尿剤,むくみ

①妊娠初期又は妊娠している可能性のある女性は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用をすること。(妊娠初期の投与に関する安全性は確立していません。)

 

②利尿剤(ラシックス)服用中の授乳を避けてください。※母乳中に移行する恐れがあります。

 

小児等への服用について

ラシックス,利尿剤,むくみ

①低出生体重児
生後数週間以内の呼吸窮迫症の低出生体重児では、動脈管開存の危険性が増加する可能性があります。

 

動脈管開存及び硝子膜症のため浮腫を生じた重度の低出生体重児に服用をしたところ、腎石灰化症が現れたとの報告がありますので慎重に投与すること。

 

②乳児への服用
乳児では電解質バランスが崩れやすいので、慎重に投与すること。
過量投与

 

・徴候、症状
電解質及び体液喪失により以下の症状が考えられます。
・血圧低下
・心電図異常
・血栓症
・急性腎不全
・譫妄(せんもう)状態等
このような症状を引き起こす可能性があります。

 

・処置
胃洗浄、活性炭により本剤の吸収を制限します。
患者の状態を観察しながら水分及び電解質の補充を行います。
また、利尿剤(ラシックス)は血液透析によって除去はできません。

 

 

-適用上の注意について-
・薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するように指導をします。

 

※PTPシートの誤飲になどにより、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されています。

 

・その他の注意点
ヨード造影剤による造影剤腎症の発症リスクの高い方が利尿剤(ラシックス)を服用した場合、造影剤服用前に輸液のみを行った群に比べて、造影剤服用後の腎機能悪化の割合が高かったとの報告があります。

 

・利尿剤(ラシックス)は用量を必ず守るようにしましょう!

 

以上、利尿剤(ラシックス)の効果と副作用や専門的な医学的副作用などをご紹介してきました。

 

話題になっている「ダイエット」に効果的だからといっても、あくまでも「医薬品」になりますので、服用する際は、守られた使用方法・用量を必ず守ってご使用してください。

 

むくみ取りダイエットにも効果あり

>>利尿剤のラシックスはこちら<<