ラシックス錠10mg,利尿剤
MENU

利尿剤(ラシックス)錠10mgの用途とは?

利尿剤(ラシックス)錠の「10mg」は心不全、めまい、高血圧などに利尿剤(ラシックス)錠10mgの詳細は添付文書に詳細が記載されています。

 

・主成分:フロセミド
・1錠あたりの含有量:10mg
・錠剤の色:微赤色の錠剤
・錠剤の大きさ:直径8.0mm、厚さ2.3mm
・シート記載:利尿剤(ラシックス)10、利尿剤(ラシックス)、10、Lasix10、DLT10等と記載
・1錠あたりの薬価:9.10円
・服用の方法:成人の方では1回の服用4錠~8錠(主成分として40mg~80mg)を1日1回、毎日または隔日服用します。包材はオレンジ色(※日本国内処方)です。

 

主に「利尿剤(ラシックス)錠10mg」は心不全やめまい、その他には高血圧などの症状に用いられます。

 

治療を受ける年齢や症状などによって、服用量はそれぞれ増減があり、特に腎機能不全の場合には、大量に用いられることがあります。

 

また、悪性高血圧に使用する際は、他の降圧剤との併用薬として使用されます。他の医薬品との兼ね合いもあるので、医師や専門医の指示に従って、その服用方法を守るようにしましょう。

 

また、飲み忘れた際は、気が付いた時に出来るだけ早く服用するようにして下さい。次に服用する時には前回に服用した時間と近い場合、服用し忘れた分は飲まないで、1回分を飛ばし、次の服用する時間に1回分を飲むようにしてください。決して、2回分を一度に服用することは絶対にしないで下さい。

 

利尿剤TOPへ